2018年1月19日金曜日

1月19日 めざせ!なわとび名人

 1月19日(金)、業間なわとびを始めて1週間。今日からは企画・運動委員会の子どもたちのリードで進めています。始めの3分間は、連続跳びに挑戦です。3分間ひっかかることなく跳べるようにがんばります。始めたときは少なかったのですが、今日は達成した子どもたちが増えました。昼休みにも練習する姿があり、早くも練習の成果が現れてきているようです。
 連続跳びの後は、後ろ回しや二重跳び、あや跳びなど、それぞれがめあてとしている種目に挑戦です。低学年の子どもたちは「先生、見てて。」と、通りかかった職員に声をかけ、自分の上達をアピールしています。体育館には級ごとにネームプレートが掲示してあり、昇級していくことを励みにしている様子もあります。くり返しくり返し練習する姿を頼もしく思っています。




 

2018年1月17日水曜日

1月17日 学習参観・講演会

 1月17日(水)、学習参観日でした。今回は、1日フリー参観とし、朝活動や休み時間、清掃活動の場面も含め、子どもたちの1日の学校生活の様子を見ていただこうと企画しました。朝から多くの方に足を運んでいただき、ありがとうございました。
 また、5時間目には、猿沢駐在所の広田様を迎えて、情報モラル教育の講演会も実施しました。「ゲーム依存」「ネットトラブル」に関する動画を見た後で『おぼえよう!スマホのきまり』という資料を基にインターネットの「6つのきまり」について指導していただきました。今回一人一人に配付した資料には保護者向けのページもありますので、ご覧いただければ幸いです。ゲームの話など、子どもたちにも身近な内容でしたので、講演が終わった後、直接質問にいく子どもたちもいました。しっかり話が聞けた証拠だと思います。



2018年1月15日月曜日

1月15日 業間なわとび開始

 1月15日(月)、今日から冬場の体力づくりの一環として、業間なわとびを開始しました。2時間目と3時間目の間の休み時間を利用して、全校でなわとび練習に取り組むものです。外気温がマイナス7度と冷え込み、体育館もひんやりしていましたが、子どもたちは元気です。
 2月5日(月)の短縄大会に向けて熱心に練習に取り組んでいます。3分間1度もひっかかることなく連続で跳べる子もいました。これからますます練習に熱が入っていくものと思います。



2018年1月12日金曜日

1月11日 書き初め大会

 1月11日(木)、書き初め大会を行いました。1,2年生はそれぞれの教室で、3,4年生と5,6年生は多目的ルームで作品づくりに取り組みました。
 1,2年生は硬筆です。鉛筆でそれぞれの学年の課題文を書いていきます。手本を見ながら1文字ずつ丁寧に書いていました。
 3年生以上は毛筆です。筆を使って課題の語句を書いていきます。始筆・終筆など、筆の運び方に注意しながら太く、大きく書いていきました。
 どの会場でも話し声もなく、物音もせず、静かな雰囲気の中で集中して取り組む様子が見られました。仕上がった作品は、多目的ホールに15日から19日まで展示予定です。期間中はいつでもご覧いただくことができますが、学習参観日(17日)はちょうどよい機会になりそうです。ぜひ力作をご覧ください。







2018年1月9日火曜日

1月9日 3学期始業式

 1月9日(火)、3学期の始業式を行いました。全校児童108名が全員元気に登校しました。何よりうれしいことです。
 始業式ではまず、各学年の代表の子どもたちが、冬休みの思い出や3学期がんばりたいことについてスピーチしました。「餅つきをしたことがよい思い出です。」「スキーに出かけて楽しみました。」「3学期はなわとびのいろいろな技に挑戦してできるようになりたいです。」「読書をがんばって、長い物語にも挑戦してみたいです。」など、銘々が思い出や目標について話しました。
 校長講話では、目標を決めたら、達成に向けての方法や道筋を考え、道標となる小さな具体的なめあてをもち、それを一つ一つクリアーしながら進んでいこうと話しました。
 生活指導の場面では、「◯◯さん、おはよう!」と名前を付けてあいさつしてみようと呼びかけ、あいさつや返事をさらにレベルアップするための手立てについて職員の劇を交えながら指導しました。
 また、始業式に先立ち、3学期からスタディールームの担当に復帰する名古屋教諭の紹介とあいさつも行いました。保護者・地域の皆様、前任の菅井講師と同様よろしくお願いいたします。




2017年12月22日金曜日

12月22日 2学期終業式

 12月22日(金)、2学期の終業式を迎えました。80日間、子どもたちも職員も無事に過ごすことができて何よりでした。支えていただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。
 終業式では、まず学年の代表が「2学期がんばったこと」のスピーチを行いました。マラソン大会、九九の暗唱、鉄棒やマット運動、総合的な学習の発表会、陸上大会、作品づくりなど実に様々なところでのがんばりが紹介されました。どれもみな一人一人の大切な「宝物」です。校長講話では、2学期の間、学校生活の様々な場面でがんばる姿、成長の姿を見ることができて大変うれしく思ったこと、そして、3学期も「宝物」をふやせるようがんばろうという内容で話しました。
 終業式のあとは、1年生の子どもたちからも手伝ってもらい、冬休みの安全な暮らしについての指導を行いました。「火・水・車・雪・人(不審者)」の事故に気を付けることを中心に伝えました。
 また、本日で離任する菅井講師の離任式も行いました。教諭として6年間。4月からは講師として朝日みどり小学校に勤務しました。感謝の気持ちを込め、花束と温かい拍手で式をしめくくりました。




2017年12月20日水曜日

12月19日 食に関する指導(5年生)

 12月19日(火)、5年生を対象に「食事のあいさつの意味を考えよう」というテーマで食に関する指導を行いました。「いただきます」は食材の命をいただくという意味があり、「ごちそうさま」には、食事になるまでの過程で様々な人の手が加わっているという意味があることを学びました。そして、給食を作っている調理員さんを例に、どのような仕事に携わり、どのような思いや願いをもって働いているのかについて栄養教諭から語ってもらいました。授業を終えた子どもたちは「今までは『いただきます』や『ごちそうさま』は適当にしていたけど、今日の勉強で食事のあいさつにはちゃんと意味があることが分かりました。家の人や調理員さん、食べ物に関係する人たちの思いや願いに応えられるように残さず食べたいです。」などの感想を記述していました。